toriR blog

北京で2022年秋季に見つかった夜のフライトコール(NFC)の種の和名を追加した

夜のフライトコール(NFC)録音調査を立ち上げるためアジアのNFCの種を探しています。北京の2022年の秋季の結果のページを見つけたので、和名を追加しました。Top10はビンズイ コシアカツバメ ヒタキ科 ゴイサギ アカマシコ ヒバリ コホオアカ マガン類 アトリ エンベリザ 不明種でした。
元になった北京の2022年の秋季NFC観察種とフライトコール数

夜間のフライトコール(NFC)録音調査のために、自動識別をさせ用と思います。そのためにどの種を学習させたらいいのか種を絞り込む必要があります。githubで見つけたNFCの検知アルゴリズムはほぼ北米かヨーロッパの鳥の声です。そこでアジアでの先行研究を探すとありました。北京で2021年からやっているみたいです。リストはWILD BEIJINに2022年秋の夜間渡りの結果が載っています。

でもこのリストがコンピュータリーダビリティが悪いので、手作業で和名にしてみました。その方法を下に示します。変換された鳥の和名は、次の通りでした。

ビンズイ コシアカツバメ ヒタキ科 ゴイサギ アカマシコ ヒバリ コホオアカ マガン類 アトリ エンベリザ 不明種 メジロ類 サギ科 ツグミ科 アオサギ セキレイ属 ノゴマ サンカノゴイ ヤマヒバリ カイツブリ タカブシギ シラガホオジロ マミジロタヒバリ ハチジョウツグミ ツグミ ノドアカツバメ ノドグロツグミ ツメナガセキレイ ササゴイ ミヤマホオジロ カササギ イソシギ シベリアジュリン キバラガラ シロハラホオジロ ムネアカタヒバリ クサシギ ハクセキレイ セグロカッコウ タヒバリ コマミジロタヒバリ コチドリ オオバン ツメナガホオジロ ツメナガホオジロ科 イワミセキレイ タシギ属 バン ツルシギ コハクチョウ ムラサキシサギ カシラダカ クロウタドリ コキンメフクロウ ヒバリ科 ハヤブサ ヤマショウビン アカモズ マミジロ ムナグロ ホウロクシギ ツバメ トラツグミ ヒガシヨーロッパタヒバリ セイタカシギ アカアシシギ フタオビムシクイ キガシラセキレイ シロチドリ ダイシャクシギ クイナ科

翻訳方法

  1. サイトの当該表のHTMLをデベロッパーコンソールで確認すると、この表はtable形式でなく、イメージ(png)であることがわかりました。
  2. それをダウンロードして名前をつけます。
  3. google driveにuploadします。
  4. そのpngをドキュメントで開きます。
  5. 表は再現できませんでしたが、テキストのみ複数行にわたって出力されていました。
  6. これをダウンロードしてエディタで整形しました。XXX.mdとマークダウン記法にしました。学名をチェックしました。そのほかの情報は正確ではないかもしれません。
  7. 数も多くないので一つづつeBirdかwikipediaかを用いて学名から和名を探して新しい列に追加していきました。
  8. それをmarkdownからHTMLにpandocで変換しています。

結果:

Species recorded in Autumn 2022 by volume(和名を追加)

English name Science name Japanese name Chinese name Counts
Olive-backed Pipit Anthus bongsoni ビンズイ Shu liu 12689
Red-rumped Swallow Cecropis daurica コシアカツバメ Jin yao yàn 4451
- Muscicapidae sp. ヒタキ科 - 2280
Black-crowned Night Heron Nycticorax nycticorax ゴイサギ Yè lù 2152
Common Rosefinch Carpodacus erythrinus アカマシコ Pŭtōng zhūquè 2137
Eurasian Skylark Alauda arvensis ヒバリ Yúnquè 1354
Little Bunting Emberiza pusilla コホオアカ Xiǎo wú 1204
Bean Goose sp. Anser sp. マガン類 Dòu yàn 1086
Brambling Fringilla montifringilla アトリ Yànquè 1069
- Emberiza sp. エンベリザ - 966
UNID - 不明種 - 940
White-eye sp. Zosterops sp. メジロ類 xiù yăn nião 712
- Ardeidae sp. サギ科 鹭科 543
- Turdidae sp. ツグミ科 Báiméi dōng 380
Grey Heron Ardea cinerea アオサギ Cang lù 369
- Motacillidae sp. セキレイ属 Jí ling kē 284
Siberian Rubythroat Luscinia calliope ノゴマ K Hóng hóu gẽ qú 236
Great Bittern Botaurus stellaris サンカノゴイ Dà má-yán 175
Siberian Accentor Prunella montanella ヤマヒバリ Zōng méishān shí liù 171
Little Grebe Tachybaptus ruficollis カイツブリ Xiǎo pì t 171
Wood Sandpiper Tringa glareola タカブシギ Lín yù 117
Pine Bunting Emberiza leucocephalos シラガホオジロ Báitóu wú 109
Richard’s Pipit Anthus richardi マミジロタヒバリ Li shì liù 98
Winter thrush sp. 98
Naumann’s, Dusky Turdus naumanni ハチジョウツグミ 紅尾鶇
Dusky Thrush Turdus eunomus ツグミ 斑點鶇
Red-throated Thrush Turdus ruficollis ノドグロツグミ 赤頸鶇
Black-throated Thrush Turdus atrogularis - 黑颈鸫 Hēi jing dōng
Eastern Yellow Wagtail Motacilla tschutschensis ツメナガセキレイ Huang jí líng 76
Striated Heron Butorides striata ササゴイ Lù lù 56
Yellow-throated Bunting Emberiza elegans ミヤマホオジロ Huáng hóu wú 54
Oriental Magpie Pica serica カササギ Xiquè 48
Common Sandpiper Actitis hypoleucos イソシギ Jĩ yù 43
Pallas’s Bunting Emberiza pallasi シベリアジュリン Wei wú 39
Yellow-bellied Tit Periparus venustulus キバラガラ 29
Tristram’s Bunting Emberiza tristrami シロハラホオジロ 25
Red-throated Pipit Anthus cervinus ムネアカタヒバリ 24
Green Sandpiper Tringa ochropus クサシギ Bái yão cǎo yù 23
White Wagtail Motacilla alba ハクセキレイ Bái jí líng 22
Indian Cuckoo Cuculus micropterus セグロカッコウ Si sheng dùjuān 20
Buff-bellied Pipit Anthus rubescens タヒバリ Huáng fù liù 19
Blyth’s Pipit Anthus godlewskii コマミジロタヒバリ Bù shì liù 18
Little Ringed Plover Charadrius dubius コチドリ Jin kuàng héng 17
Common Coot Fulica atra オオバン Gŭ dĩng ji 17
Lapland Bunting Calcarius lapponicus ツメナガホオジロ Tiě zhǎo wú 14
Longspur ツメナガホオジロ科
Forest Wagtail Dendronanthus indicus イワミセキレイ Shan jí líng 12
- Gallinago sp. タシギ属 Sha zhui* 12
Common Moorhen Gallinula chloropus バン Hei shui ji 11
Spotted Redshank Tringa erythropus ツルシギ Hè yù 10
Bewick’s Swan Cygnus columbianus コハクチョウ Xiǎo tian’é 10
Purple Heron Ardea purpurea ムラサキシサギ Cǎo lù 8
Rustic Bunting Emberiza rustica カシラダカ Tián wú 8
Chinese Blackbird Turdus mandarinus クロウタドリ Wu dong 7
Little Owl Athene noctua コキンメフクロウ Zòng wén fù xiǎo xião 5
Alaudidae sp. ヒバリ科 百灵科 5
Peregrine Falco peregrinus ハヤブサ You sun 5
Black-capped Kingfisher Halcyon pileata ヤマショウビン Lán féicuì 4
Brown Shrike Lanius cristatus アカモズ Hóng wěi bó láo 4
Siberian Thrush Zoothera sibirica マミジロ Báiméi di dōng 4
Pacific Golden Plover Pluvialis fulva ムナグロ Jin ban héng 3
Far Eastern Curlew Numenius madagascariensis ホウロクシギ Dà bião yù 3
Barn Swallow Hirundo rustica ツバメ Jiayàn 3
White’s Thrush Zoothera aurea トラツグミ Huban de dōng 1
Water Pipit Anthus spinoletta ヒガシヨーロッパタヒバリ Shui liù 1
Black-winged Stilt Himantopus himantopus セイタカシギ Hẽi chì cháng jiǎo yù 1
Common Redshank Tringa totanus アカアシシギ Hóng jiǎo yù 1
Two-barred Warbler Phylloscopus plumbeitarsus フタオビムシクイ Shuāng băn lù liŭ ying 1
Citrine Wagtail Motacilla citreola キガシラセキレイ Huáng tóu jí líng 1
Kentish Plover Charadrius alexandrinus シロチドリ Huán jing héng 1
Eurasian Curlew Numenius arquata ダイシャクシギ Bái yão bião yù 1
- Rallidae sp. クイナ科 秧鸡科 1

表の説明メモ

  • Emberiza sp. 2021 年秋と 2022 年春にまとめられました。2022 年秋には、個々の種を区別する方法についての知識が深まったおかげで、いくつかの鳴き声が種レベルで特定されました。 ただし、多くの場合、特に微弱な鳴き声は Emberiza sp として記録されます。

  • 2021 年秋と 2022 年春には、Muscicapidae sp.(旧世界ヒタキ) 鳴き声は「UNID」(未確認の鳴き声)というカテゴリーで一括りにされていたが、このグループの鳴き声を他のスズメ目と区別する確実性が高まったため、2022年秋に独自のカテゴリーが与えられた。

  • ツツメ科の大部分は、 鳴き声はアイユドツグミと思われます。

  • 2022年秋には、タヒバリ(pipit)やセキレイ(wagtail)の(特にか細い)鳴き声を識別するために、より慎重なアプローチが取られました。

  • この鳴き声はシベリアツグミと思われますが、未確認です。

  • Eurasian Curlew とFar Eastern Curlew の鳴き声は非常に似ています。 ここでの通話が録音されてからわずか 1 時間後に目撃記録があったため、この録音は暫定的にFar Eastern Curlew のものと特定されました。 北京ではシャクシギの種が少ないことを考えると、Far Eastern Curlew の目撃記録がこの記録の鳥に関連している可能性が高いと思われます。

以上です。

Article Info

created: 2024-02-10 13:13:46
modified: 2024-02-10 17:02:21
views: 214
keywords: NFC China flight call Beijin

Articles